ご注文はこちら

スピークナチュラルとは

7語前後でカンタン!わかりやすいシンプルイングリッシュ

英会話に「長文」は必要?

英会話に「長文」は必要?

「ネイティブのように英語を話したい」という人がたくさんいます。
では、ネイティブの英語って、どんな英語なのでしょうか?
ペラペラと息つぐ暇もないほどに、長い文が口から出ていく。そんなイメージでしょうか?

確かに、会議やプレゼンテーションなどで何かを説明する時には長い文で説明するかもしれません。
しかし、それは会話ではなく、説明なのです。
説明とは前もって下準備ができる場合がほとんどで、話す内容の原稿を作ることもできるし、練習することもできます。

一方、会話とはどのようなものしょうか?

会話とは瞬時の言葉のキャッチボールです。
長い文よりも、短い文で、次々とコミュニケーションをとっていかなければなりません。
短い文でキャッチボールを続けていくことで、お互いの言いたいことを少しずつ理解していくものなのです。

だから英会話に長文は必要ないのです!

7語前後のシンプルイングリッシュ!

英会話教材スピークナチュラルは、
7語前後のシンプルイングリッシュ!

日本語で考えてみましょう。

「明日の会議は、13時から第5ビルの34階のミーティングルームで行いますので
開始10分前には着席し、配布されている資料に目を通しておいてください。」

こういう長い表現をする人もいれば、次のように短く話す人もいます。

「明日の会議は13時から始まります。」
「第5ビルの34階、ミーティングルームです。」
「開始10分前には来てください。」
「資料が配布されています。」
「目を通しておいてください。」

実際、上の表現と下の表現ではどちらが分りやすいでしょうか?
少なくとも、上の表現が素晴らしく、下の表現は貧弱だと言う人はいないと思います。
伝えるべきことは短い文で、すべて伝わりますし、むしろ分りやすいくらいです。

会話も同じです。
長々といっきに話すような会話は非常に稀ですし、分かりづらいものです。

それよりも、
Aさん「昨日、食事に行ったんだよ。」
Bさん「どこのレストランに行ったの?」
Aさん「駅の近くのレストランだよ。」
Bさん「良いね。美味しかった?」
Aさん「ああ。とてもおいしかったよ。」

というような短い文の会話がほとんどです。このほうが会話が弾みますし、お互いにより親しみを感じます。

Aさん「I went to a restaurant yesterday.」
Bさん「Which restaurant did you go?」
Aさん「It’s near the station.」
Bさん「That’s good. Was it delicious?」
Aさん「Yeah. That was really good.」

たったこれだけの長さの文で、十分な会話ができるのです。

「スピークナチュラル」は難しい単語は一切使用せず、
しかも短い文で会話が弾みます。

英会話に「長文」は必要ない!
7語前後で簡単シンプルイングリッシュ!

お申込みはコチラ