ご注文はこちら

英会話教材 コラム

Vol.08『Speak Natural for WEBを活用しよう』その2

こんにちは
初心者がイチから学ぶ英会話教材Speak Naturalサポート担当のcancanです。

今回は、前回に引き続いて、for WEBの活用方法をcancanのコメントを添えてご紹介します。
Speak Natural for WEBを最大限ご活用いただければ幸いです。 わからない点やご意見があれば、お気軽に For-WEBのマイページからお問い合わせください。
もちろん、まだ購入されていない方でも、ご質問やご意見などがございましたら、 このサイトの「お問い合わせ」フォームからお気軽にメールしていただければ幸いです。
早めに回答できるように頑張ります!(^^)!

では、前回の Vol.07:『Speak Natural for WEBを活用しよう』その1に引き続き、具体的な使い方について説明します。

その2 音声の速度やスキップも自由自在!

早速、実際に使ってみての感想ですが、やはり何と言ってもfor WEBには3段階の再生速度調整があるのが、初心者の方にとってはありがたいですね。

特に英会話超初心者にとっては、マネして言いたいけど、最初なんて発音しているのかわからず、 発音を確認したいと思ったことが多々あったのではないでしょうか。

そのような時は 「Slow」(ゆっくり)の速度で聞くとわかりやすいので試してみてください。

ただし、 日本語も同様に速度が遅くなるので、最初日本語を聞いたときは、なんか吹き出しそうになりましたとういうか、正直笑っちゃいました。

これは日本語を覚えたい外国の方にも、とてもいい日本語教材になると思います。
日本語を覚えたい外国人の方へもおススメですよ(^^)/

反面、英語の部分をネイティブが聞いたら、同じように笑うのだろうなって想像してしまいました。(笑)

ForWEBで聴く
さて、話を戻して、
①  「Slow」(遅い)で速度を遅くし何回か聞いてマネして声に出す。
②  「Normal」(普通)の速度にして声にだして、何度も何度もマネをする。
③ ある程度スムーズに言えるようになったら、「Fast」(速い)を使い、
   全体を聞き流して確認する。


上記の①②③の練習の結果、
① 「早すぎて聞き取れない」ことを解消し、
   リピートしやすくなる


② 発音がわかるので、自信をもって声に出せる

③  「Fast」(速い)で全体を聞き慣れることで、
   ナチュラルスピードも聞き取れ、話せる



というメリットがあります。

全体を聞き流すには、例えば、
「話題1」の会話一式Trainingを選択する。
それぞれの項目で、 聞きたい速度をクリックするといった具合です。

よくあることですが、 「話せるようになりたい」と思っているけど、

あまり声にだして練習していない!

フレーズを覚えるのは大変!


痛感されている方も多いかと思います。

ここで経験上、 話せるようになるための練習方法として、効果的な方法を紹介します。

それは、

① 使いたい表現の「場面」「状況」をしっかりイメージする

② 何度も何度も声に出して身体に染み付くまで練習する

ということです。

このように 日頃から毎回イメージして声に出す練習は、文字の暗記とは違い

言いたい表現の場面や状況をイメージと一緒に覚えているので、忘れにくい!

いざ 同様の場面のとき、スラスラ言えるようになり、感激することと思います。

たとえ、多少失敗したとしても、気落ちせず、また練習あるのみです。まさしくスポーツや楽器を弾けるようになることと一緒です。

この 繰り返しの反復練習を継続することが、徐々に上手くなっていくコツです。

ですので、日本語を聞いて、もしくは、テキストを見たときなどは、
必ず場面をイメージしながら声にだしてください。

イメージしながらのインプット、声を出してのアウトプット練習は効果ばつぐん!
継続は力なり!!!


3段階の再生速度調整の詳細はマイページのメニューの「使い方」でご確認ください。

さて、続いては 「チェックリスト機能」「ループボタン機能」の説明です。

その3 苦手なところを何度でもリピート!

さて、ここで紹介したいのは「チェックリスト機能」と「ループボタン機能」です。

まずは、「チェックリスト機能」です。
これも英会話学習者にとって便利な機能で、トレーニングを進めていくなかで、

1.この表現は早めに覚えておきたいとか
2.発音などで覚えにくいなと思った会話文
3.自分にはすぐ使える重要だと思った会話文など

をチェックリストに登録しておくことで、あとで簡単に 閲覧、反復練習することができます。

何度もしつこいようですが、 英語を話せるようになるには、その状況をイメージしながら実際に口が覚えるまで何度も何度も声に出して反復練習するということです。

基本的に Speak Naturalの英会話表現は初心者に覚えやすくて、使いやすいシンプルな表現で構成されています。

トレーニングを進める中で、 繰り返し学習したい文章や苦手な文章があったらまず「チェックリスト」に登録、後でチェックリスト画面から繰り返し反復練習するといった具合です。
便利ですね。(^^♪

しつこいですが、1回や2回言えたからいいでは、練習量としては足りません。
同じ表現でもどれだけその状況をイメージしながら実際に英語を何回多く声に出しているか
ということです。

日本語のパートを聞いた時もしくは、テキストを見た時には必ず場面をイメージしながら声にだしてください。

使い方は、とても簡単!
各トレーニング画面で 『チェックリストに入れる』の部分にチェックを入れるだけ。

チェックリスト画面では、自分で登録した会話文だけが表示されます。
トレーニング画面と同様の操作で
「個別の会話文レッスン」「連続再生トレーニング」が行えます。
*「連続再生トレーニング」はPCのみ操作可能な機能です。

しっかり場面をイメージして言えるようになった文章は、チェックリストから外すだけでOK。
チェックリストを活用することで効果的に覚えていきましょう!

forWEBチェックリスト機能


続いて 「ループボタン機能」です。
初期状態で、「全体ル-プボタン」「ON」の状態になっています。

選択されている会話文は、上から順番に連続して再生され、一番下の会話文の再生が終わると、自動的に最初の会話文を再生するようになっています。

ボタンを押すとループ自体が 「OFF」の状態になり、現在再生している会話文の再生が終わればストップします。これは、個別に項目を何度も繰り返し練習できるので、とても便利です。ぜひご活用ください。

「チェックリスト機能」と「ループボタン機能」の詳細はマイページのメニューに「使い方」でご確認ください。

さぁ、for WEBを使って継続的に練習しましょう。

Speak Natural for WEBを最大限ご活用いただければ幸いです。

ゆっくり聞いてマネるだけ!超初心者向けの英会話教材!
これだけ盛りだくさんの機能がついた学習サイト forWEB!
今なら購入者ならもれなく無料でついてきます!
さぁ、for WEBを使って継続的に練習しましょう!

スピークナチュラルは短く、やさしいフレーズ!
だから、毎日続けられる!


登山
「継続は力なり」です!

for WEBの詳細は「マイページ」>「メニュー」の項目の「使い方」にて、ご確認ください。

次回 vol.9は、『Speak Natural for WEBを活用しよう』その3です。
「穴埋め問題」「記憶テスト」「習熟度の確認」などの機能をご紹介します。
お楽しみに!

スピークナチュラル
大人から子どもまで、ゆっくり聴いてマネるだけ!