MENU

スピークナチュラルとは

ゆっくり聴いてマネるだけ! 誰でも聴ける
スローリスニング

英語は速く聞いても意味がない?

英語は速く聞いても意味がない?

あなたが幼い頃、まわりの大人たちはあなたに普通のスピードで話しかけてきましたか?
あなたが3歳の子どもに話しかける時、普段友人と話すスピードで話しかけますか?
きっと、そんなことはないと思います。
なぜなら、日本語を聞く能力が低い人に対して、ナチュラルなスピードで話しかけるのは 効果的ではないと、本能的に分かるからです。

世間では、ナチュラルスピードで聞こえるまで何度も聞く練習をしたり さらに速いスピードに慣れることがリスニングの近道だという方法論を唱える人もいます。 しかし、実際は、聞こえないものは何度聞いても聞こえません。

それどころか、人間の脳は聞こえない音を繰り返し聞いていると雑音として認識してしまい、
ますます聞こえなくなっていくのです。

正しい発音やアクセントを真似るためには、すべての音が聞き取れる速さで聞くのが最適です。

英語を話せるようになるためには、
自分で話したい表現を真似る。
それしかありません。
聞けない音を、真似することが
できますか?

▼
誰でも聞けるスローリスニング!!

英会話教材スピークナチュラルは、誰でも聴けるスローリスニング!!

遅いスピードで会話をしっかり聞くことができれば、 当然速いスピードの会話も聞けるようになります。

たとえば、日本のロックやラップミュージックなどのスピードの速い曲で、 何を言っているか聞き取れない時はありませんか?

それでもどうしても歌えるようになりたければどうすればよいのでしょうか?
その方法は簡単です。
まずは、しっかりと単語を聞き取れるスピードに速度を落とし、歌詞カードを見ながら確認していきます。

そして、真似して同時に口ずさむことができるようになってきたら、 少しずつスピードを上げていけば良いのです。

そうすることが、もっとも正確に、しかも効率的に真似ができる方法なのです。 真似ができるということは、聞き取れるということでもあります。

「スピークナチュラル」はまさに、
音声学習の最も重要なこの原理を
取り入れています。

▼

ゆっくり聴いてマネるだけ!
誰でも聴けるスローリスニング

お申込みはコチラ
  • 日本語を活用した 日本人に合った学習方法で学べる
  • 7語前後でカンタン! わかりやすいシンプルイングリッシュ
  • 難しい文法は不要! 文法は意識しなくて大丈夫です!